新ドメインで何ができる?「.tokyo」以外にも、「.nagoya」「.yokohama」
So-net無料ブログ作成

新ドメインで何ができる?「.tokyo」以外にも、「.nagoya」「.yokohama」 [経済ニュース]

今まで、「.jp」が主流で、東京都の場合でも、tokyo.jpが一番短いドメイン名でした。

それが、今回、「.tokyo」と、「.osaka」と、「.nagoya」が追加になりました。
「.yokohama」は、準備中です。

この流れは、他の政令指定都市にも、広まりそうな状況です。
「.hamamatsu」「.fuji」など、増えていくといいですね。

都市だけではなく、全都道府県にも、対応していますので、「.shizuoka」は、既に
取得ができます。 静岡県、静岡市は、いいですね。




都道府県型JPドメイン名の通常登録申請受付を開始

 株式会社日本レジストリサービス(以下JPRS、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 東田幸樹)は、当初の予定通り、本日2012年11月19日(月)より都道府県型JPドメイン名の通常登録申請の受け付けを開始いたしました。

 都道府県型JPドメイン名は、「○○○.hokkaido.jp」「○○○.tokyo.jp」「○○○.nagasaki.jp」のように、その構造に全国47都道府県の名称を含むドメイン名です。都道府県型JPドメイン名の活用により、ホームページやメールのアドレスから地域とのつながりを示すことができます。日本国内に住所を持つ個人・組織であれば、いくつでも登録が可能で、「○○○」の部分(第3レベルドメイン)では、ASCII・日本語のどちらでも登録していただけます。

 都道府県型JPドメイン名の申請・登録の流れについては、参考URLで紹介しておりますWebサイト「都道府県型.jp」をご覧ください。本Webサイトでは、希望のドメイン名が申請できるか確認することもできます。

 登録申請は、すべて指定事業者を通して行われます。なお、本サービスの登録申請受付の開始時期は、各指定事業者によって異なる場合があります。

 JPRSは、今後もネットワークの基盤を支える企業として、インターネットの発展に寄与し、人と社会の豊かな未来を築くことに貢献するため、よりよいサービスの提供に努めてまいります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




スポンサードリンク


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。